【介護とAI・IoT】臨時運営懇談会開催中!

この度、弊社ではご入居者様の見守り強化・ご家族様の安心創造実現のため
各居室に最新のIT技術およびAI機能を備えた新型センサー「親孝行システム(仮称らいふ君)」を導入することとなりました。
先行導入した、らいふ千歳船橋・成城野川緑道・小田急相模原を含め、全14施設に導入していく予定です。
現在導入対象施設で「臨時運営懇談会」を開催しております。
新型センサー「親孝行システム(仮称らいふ君)」とは具体的にどの様なシステムなのか、
導入されることでどの様な変化があるのかなど詳細のご案内をさせていただいていただいております。
この機会にご入居者様・ご家族様とシステム導入のメリットを共有し、
ご入居者様のより快適な施設生活の一助となればと考えております。

~新型センサー「親孝行システム(仮称らいふ君)」の概要~



「親孝行システム」は赤外線センサー、生体センサー、電子介護カルテによって構成されたシステムで、リアルタイムでの見守りやインターネットを利用した情報の共有などが可能となります。
※臨時運営懇談会でも使用している「親孝行システム」の詳細案内資料を下記より、PDFにてダウンロードできます。