大崎市民病院 鳥谷部俊一先生による「褥瘡ケア勉強会」に参加致しました

平成31年1月25日(金)に、たかせクリニック主催の「褥瘡ケア勉強会」が大田区産業プラザにて開催されました。褥瘡ケアの最先端の手法を勉強するため、管理者・看護師をはじめとする多数の職員が「ラップ療法」の権威である大崎市民病院院長の鳥谷部俊一先生の講演を受講致しました。今回の勉強会で学んだ、褥瘡ケアの手法を社内で共有・実践し、ご入居者様の生活向上に取り組んで参ります。また、今後も様々な研修の機会を設け、職員の技術・知識の向上を図ります。

<先生へ質問した内容と頂いたご回答(一部抜粋)>
----------------------------------------------------------------------------------

Q1
 ガーゼの交換頻度はどのくらいが最適でしょうか。
 患部の状態によっては、頻繁に交換しないと悪化するのでは…と心配です。

A1

 あまり神経質にならず、1日1回で大丈夫です。


----------------------------------------------------------------------------------

  

Q2

 以前現場で褥瘡部の乾燥をさせる為にオムツを外し褥瘡部を出したままにし

 15分など時間を決め対応していましたが、その必要はありますか?

A2

 必要ないです。今日の講義内容のラップ治療で十分効果があります。


----------------------------------------------------------------------------------


当日の様子

当社施設の管理者・看護職総勢23名が参加

らいふ梅屋敷の褥瘡の取り組みが紹介されました

積極的に質疑する当社管理者の様子


今後も社内外の研修・講演に職員が積極的に参加する機会を設けることで、職員の技術・知識・モラルの向上に取り組み、
介護サービスの質の向上に結びつけてまいります。