「介護という仕事を知ってほしい」ページを公開しました

介護の大切さ、重要さ、大変さを様々なコンテンツ・道具を用意・活用し、社会・地域に対し発信するために発信強化プロジェクトの取組みを主に掲載する「介護という仕事を知ってほしい」という特設ページを公開致しました。

私が、この業界、そして株式会社らいふに身を転じるきっかけとなったのは、父親の介護そして施設での生活を家族として垣間見たことがきっかけです。脳梗塞・認知症を患い、その施設では長く8年ほどお世話になったのですが、ある時思い切って担当の介護職に「大変でしょう。どうして他人の世話ができるのです?」と聞いてみたことがあります。その方は、にこやかに「お父さんは将来の自分です。自分に置き換えています。人が通る道ですから」と言いました。感心させられ父親の顔をマジマジと見ると、確かに自分の老いた姿が投影できました。親子ですから似ていたのは当たり前なのですが。

 

弊社の理念の一つでもある“高齢介護弱者の救済”で触れている「高齢介護弱者」とは、高齢者の方ご自身のことではなく、高齢者の方を介護する側のご家族、それも「どうすれば良いか分からない、困った」と所謂介護疲れに発展する可能性がある、もしくはその状況に陥ってしまっているご家族のお手伝いをすることを指しています。

 

大切なご家族を自宅で介護したいという気持ちは当然ですが、そういった感情の狭間の中、やむなく施設への入居を選択されるわけです。現場の職員には、まずそのご本人・ご家族の立場になることを教育しています。「目の前にいるご入居者が自分の両親・祖父母だったら」「目の前にいるご入居者は将来の自分自身」と感じることで、毎日のルーティンワークになりがちな介護も、敬いの精神を胸に抱いたうえで介護業務に臨むことができるのだと確信しています。

 

一方、残念ながら、従業員は経験豊富なベテランばかりではなく、介護未経験の人から老若男女まで様々です。適切な教育の手順を踏まなければ、時折耳にする「介護施設で虐待」といった悲しい状況が生まれてしまいます。介護サービスは、ホテルと同じサービス業でもあります。優しさと敬いの精神だけではなく、入居者の皆様を「お客様」として接し、その秘められたニーズが何かを考え続け、サービスを「させていただく」という姿勢を持つことが、今後益々必要になってくると考えています。

 

今般、社内で「発信強化プロジェクトチーム」を立ち上げ、定期的なミーティングを行っています。甚だ僭越ながら、介護という仕事が、社会・地域で理解され、信頼関係を築き、最終的にファンになっていただくために、まず「知ってもらう努力」が必要であり、それを実行することが必要だと考えました。

その成果物第一弾として、本編を作成致しました。「施設が支える」「地域が支える」「ご家族の心を整える」ためのヒント・工夫として、ご高覧いただけることを願っております。


2019年7月
取締役 事業責任者 小林 司

下記にて、閲覧方法をご紹介致します。是非ご覧ください!


 
 
 

 
 

携帯電話(スマートフォン含む)でご覧になる方はこちらの操作方法をご確認ください。

①当社ホームページを検索して頂き、トップ画面の右上の「メニューボタンをクリックして下さい。

②メニュー一覧が出てきますので、
らいふの取り組みボタン」をクリックして下さい。
③「介護という仕事を知ってほしいボタンをクリックして頂くと、詳細ページをご覧頂けます
 是非、ご覧ください。


携帯電話で閉じた当社ホームページのトップ画面

メニュー一覧の画面

「らいふの取り組み」の中のメニュー一覧の画面


パソコンでご覧になる方はこちらの操作方法をご確認ください。

①当社ホームページを検索して頂き、ページ上部にございます
らいふの取り組みボタン」をクリックして下さい。
②下記の画像の様に下にメニューが表示されます。
介護という仕事を知ってほしいボタンをクリックして下さい。
随時更新していきます。是非、ご覧ください。

パソコンで開いた当社ホームページのトップ画面

メニュー一覧の画面