東京大学 客員准教授 五十嵐先生による特別講演会

 2020年2月21日(金) 当社の本社にて、東京大学の五十嵐客員准教授(*)による特別講演会が当社の運営する全施設の管理者向けに開催されました。
『 認知症と医薬品適正使用の意義と有用性 』というテーマで講話いただき、当社取締役との対談も合わせて行いました。
 また、当社が五十嵐先生方と進めている「薬とケアの最適化に向けた認知症入居者への減薬取り組み」についても、取り組みの進捗や今後の展望など解説していただきました。

 下記に講演会当日の様子を掲載しておりますので、是非 ご覧ください。

*講師:
東京大学 大学院
   薬学系研究科 医薬政策学客員准教授
▶横浜市立大学
   学術院医学群 健康社会医学ユニット准教授
                                         五十嵐 中 先生

対談当日の様子

五十嵐先生による講話

講演中の様子(参加者)

(左)五十嵐先生 (右)当社 取締役小林


当日 五十嵐先生より講話いただく際に使用された説明用スライド(抜粋)

講義テーマ

減薬の効き目について

各実正で用いられる評価の指標

最後に

減薬プロジェクトの目的について

重症化にともなってQOLが低下・介護費は増大

薬の保険適用の考え方について


なお、本講演は、新型コロナウイルス対策徹底のための会議の一環として実施しました。会議前には、当社規定のマニュアルに則り、出席者全員 検温と体調チェックを行ったことを付言いたします。

当社の取り組み

 現在、当社指定医で認知症治療のスペシャリストである たかせクリニック 髙瀬義昌理事長および東京大学 五十嵐准教授、国際医療福祉大学 池田先生とともに、認知症の方への理解を深めるための取り組み・研究を行っております。
 その内容を公開しておりますので、下記 ボタン をクリックしていただき、特設ページを是非 ご覧ください