アジアの14か国・地域が参加する
「アジア健康長寿イノベーション賞」にエントリー致しました

 この度、東京大学大学院客員准教授 五十嵐先生、国際医療福祉大学 池田先生、医療法人社団至髙会たかせクリニック理事長 髙瀬先生、了徳寺大学 山下先生のご推薦をいただき、「アジア健康長寿イノベーション賞」にエントリーいたしました。

 テーマは、各種メディアでも取り上げられている当社の「薬とケアの最適化に向けた認知症入居者への減薬取り組み(詳細下記参照)」です。

 これまでの取り組みの内容と効果などについて、自立支援 – 個々の高齢者の心身機能の維持・向上により、自立を促す取り組み」としてエントリー致しました。

【主催】
日本国際交流センター(JCIE)
東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)

アジア健康長寿イノベーション賞とは

 日本国際交流センター(JCIE)および東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)が主催者となり、アジアにおける健康長寿の達成、高齢者ケアの向上に資する取り組みを表彰する「アジア健康長寿イノベーション賞」が2020年より開始されております。

 

 日本はアジアにおいて一早く長寿化を達成し、現在では世界で最も高齢化が進んだ国となり、一方で、他のアジアの国々は今まさに長寿化がこれまでにない速さで進んでいます。この流れの中で、誰もが健康で活動的な高齢期を過ごすことができるように、早い段階から社会の制度や人々の意識を変えていくことは各国共通の課題となっているところであります。

 

 そのため、高齢化による様々な課題のソリューションとなる革新的な事例を募集・表彰することにより、アジア地域内で優れた知見の共有と実際の応用を後押しし、アジア全体として「健康長寿社会」を構築することに貢献したいという趣旨で行われています。

募集要項

求める取り組み

アジア諸国に知見やノウハウを共有する意思のある組織(企業、民間団体、自治体など)の取り組み(プログラム、サービス、製品、政策)


分野

以下3分野に該当する取り組みを募集します。

1.テクノロジー&イノベーション – 高齢者ケアの質と効率を高める技術・発想の応用事例
2.コミュニティ – 地域全体で高齢者の健康を支える事例
3.自立支援 – 個々の高齢者の心身機能の維持・向上により、自立を促す事

募集要項1ページ目

募集要項2ぺージ目


アジア健康長寿イノベーション賞の詳細は、下記URLよりご覧ください
 
 

当社が進めている「薬とケアの最適化に向けた認知症入居者への減薬の取り組み」とは

当社では、下記の通り「認知症プロジェクト」を進めております。取り組み内容を是非ご覧ください。
(詳細はこちらよりご覧下さい)
(詳細はこちらよりご覧下さい↑)
(詳細はこちらよりご覧下さい↑)