【司塾 開講3周年記念】 第36回「司塾」を開催いたしました

 2020年12月12日(土)に、第36回「司塾(*)」を開催いたしました。本研修は、管理者や主任・リーダーなど時代を担う人材の教育を目的に2018年に開講され、今回で36回を数え、丸3年を迎えました。組織マネジメント、マナー・エチケット・接遇について学び、事例検討会なども行うことで、これまで数多くの管理者や主任・リーダーの育成に努めて参りました。

 記念すべき第36回「司塾」は総勢32名が受講し、冒頭では講師である取締役の小林より自身の座右の銘である「胆力」と「愚直」、取り組み続けることの大切さ、そして人の上に立つ者としてマネジメントの重要さ(管理者の心得)について、これまでの講義の総括と共に講話がありました。また、将来予想、介護業界の今後、そして価値観の変化と事業の在り方や今期の事業戦略や新型コロナウイルス感染症の動向や対策などについても学びました。

 今回の司塾は3周年記念ということもあり、訪問クリニック、訪問歯科、訪問薬局、メディアのトップの方々を特別講師としてお招きし、「上司として部下である管理者(課長・主任リーダー)に求めるマネジメント像」というテーマでもご講和いただきました。 


【Agenda】
1.27期事業方針
2.コロナ禍における世の中の動向と将来を見据えて
 ・価値観の変化~
3.メディア対応
 ・広報活動・PR活動とは
4.特別講演
 「上司として部下である管理者(課長・主任リーダー)に求めるマネジメント像」


*「司塾」とは、施設で勤務している介護職・看護師・ケアマネージャーの中で、施設の主任・リーダーから選抜したメンバーを対象に、当社の取締役である小林 司が塾長となって行う勉強会です。組織マネジメント、マナー・エチケット・接遇などについて学ぶほか、事例検討会なども行いスキルアップにつなげております。

研修の様子

新型コロナウイルス感染予防のため、手洗い・うがい・手指消毒・検温を徹底し、出席者同士の間隔をあけ、十分に換気を行ったうえで開催いたしました。

当日使用資料(一部)

講師 取締役 小林

取締役 小林による講話

受講中の塾生の様子

Web受講1

特別講師の方々(写真右手)

Web受講2

らいふの教育・研修について

⇧詳細はこちらをクリック⇧
 

新型コロナウイルス感染予防対策について

⇧詳細はこちらをクリック⇧