東京新聞より「減薬に向けた取り組み」の施設見学取材を受けました

 2021年1月5日(火)、国際医療福祉大学・東京大学大学院薬学系研究科・医療法人社団至髙会たかせクリニックとともに、産学医共同研究で取り組んでいる「有料老人ホームにおける入居者の減薬によるQOL・ADL改善効果」(くすりの使用最適化プロジェクト)について、東京新聞より取材を受けました。

 今回は、実際の取り組み状況を見学するため、施設にて当社取締役小林司、施設長、施設スタッフが取材に応じました。

*今回の取材は、入館時の検温・消毒などを徹底し、入館時間を限定して行いました。

取材当日

取材に応じる当社取締役 小林 司

服薬管理方法について説明する職員

取材に応じる施設長と施設スタッフ

服薬管理方法について説明する職員②

本研究の概要とこれまでの取り組み内容

下記 ボタン をクリックして下さい