特別対談

認知症の方への理解を深めるために発足した認知症プロジェクト。
今回は、認知症の権威であるたかせクリニックの髙瀬理事長からお話しを伺うことができました。
その特別対談の様子を3回に亘り掲載いたします。


▼ご覧になりたいタイトルをクリックしてください

   たかせクリニック 髙瀬理事長との対談
 
 

施設での取り組み

認知症プロジェクトとは

 

詳細はこちら

減薬に向けた取り組み

 

詳細はこちら


千葉大学医学部付属病院・国際医療福祉大学医学部の両先生と意見交換いたしました。

 116日(火)千葉大学医学部付属病院 小林美亜特命病院教授、国際医療福祉大学医学部 池田俊也副学部長(兼)公衆衛生学 教授をお招きし、減薬・認知症改善進捗状況報告とともに、帯状疱疹およびてんかん予防と、ワクチン化動向や最先端の治療・研究動向のヒヤリングとともに、高齢者に対する疾病対策と施設におけるその応用について3時間程意見交換いたしました。

 

 当日は、ホームステーションらいふ 千歳船橋・成城野川緑道の2施設にて、取締役の小林・施設長・看護師等と施設運営状況・ご入居者の健康管理と介護状況、介護職のストレス軽減策、親孝行システム「らいふ君」の試行状況など3時間にわたり、踏み込んだ意見交換ができました。

 

これらの取り組みについて、今後も継続して意見交換することとなり、あらためて開示いたします。

▶らいふ千歳船橋にて

意見交換の様子

「らいふ君」システム(介護・看護データ)説明の様子

▶らいふ成城野川緑道にて

施設の運営状況説明の様子

ご入居者ADL、健康管理の意見交換