日本の安心安全な食品を世界へ

ご挨拶

弊社は、世界中の人々に安心安全な食品を届けるという理念のもと、25年間に渡り、食品に携わる企業の安心安全衛生コンサルティングや安心安全検査に取り組んで参りました。
取引先の皆様のご支援もあり、現在では年間検査数300万検体、コンサルティング実施数3500店舗にまで拡大することができました。

2011年3月には、東日本大震災の影響により発生した牛肉の出荷停止問題にも民間企業に先駆けて検査を開始し、東京食肉市場様の牛肉放射線量測定を24時間体制で全頭検査を実施させていただきました。

2015年からは更なる理念実現のため、国内のサービス展開のみならず、海外展開の準備を進めて参りました。
具体的には、東南アジア輸出を目的とした日本食品の安全度認定事業を開始し、またグループ企業であります株式会社トレードらいふが輸出販売事業を開始いたしました。

また海外事業はその国々の宗教も理解しながら進めていく必要があることから、2015年にはハラール国際認証(シンガポール)のマーケティング&コンサルティングの資格を取得し、現在は他の宗教にも対応できるよう準備を進めております。

今後日本食の安心安全の信頼度を更に向上させていく、また安心安全な食品の輸出量を増加させていくためには、現在お取引させていただいております企業の皆様方と、更に密な連携が必須となります。
共感いただける企業様におかれましては是非、共に日本食の安心安全を更に強固なものとし、安心安全な食品を世界中の方々に届けられるようパートナーシップを組ませていただきたいと強く願っております。

今後共ご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

株式会社エムビックらいふ