ノロウイルス検査

 ノロウイルスは、特に冬季に発生し、食中毒を引き起こします。
 手指や食品などを介して経口で感染しやすく潜伏期間が短いため、厨房などで仕事をされている方に嘔吐・下痢・腹痛などの症状が起こった場合は、迅速に検査をすることが重要です。

 検査の他、以下のような対応が必要です。
  ○加熱が必要な食品は中心部までしっかり火を通す。
  ○調理器具は使用後に必ず洗浄する。
  ○調理で使用する水はしっかり消毒する。
  ○食材は殺菌するだけでなく、取扱者は使い捨ての手袋をする。 等

検査項目一覧

セット検査名 報告形態 報告日数
リアルタイムRT-PCR法 定量検査 遺伝子群(G1、G2)、判定量値午前中到着分を即日報告
定性検査 ウイルスの有無・遺伝子群の判別なし検体到着後、翌日報告
ELISA法 ウイルス抗原(蛋白)測定・ 遺伝子群の判別なし 検体到着後2日目報告

ご依頼方法

弊社からお送りします指定の容器に採便してください。
『糞便ノロウイルス検査依頼書』の黒枠内をもれなく記入の上、採便した容器と一緒に下記住所にお送りください。
送付の際は必ず宅配便で送付していただきますよう、お願いいたします。
検体が到着次第、検査させていだたきます。

※『糞便ノロウイルス検査依頼書』が同封されていない場合、検査をお受けできないこともあります。忘れずに同封ください。
※当日12時までに到着したものが当日受けとなりますので、ご了承ください。
※ノロウイルス多発シーズン11月~3月は、無休で検査を実施しております。日曜・祝祭日到着の場合のみ、前日までに宅配便問合せ番号をFAX(環境分析センター:042-330-8831)でお送りください。
※ご不明な点や検査のご相談は、お電話にてご連絡ください。

<検体送付先>

〒183-0035 東京都府中市四谷5-2726-5
株式会社エムビックらいふ 環境分析センター
TEL:042-330-8830 FAX:042-330-8831

<お問い合わせ先>

株式会社エムビックらいふ
TEL:03-5769-7247 FAX:03-5769-7248